ご挨拶

 この四年間、中丹地域医療再生計画に基づき、市民病院が舞鶴赤十字病院の横に移転し、他の公的病院もそれぞれ医療機能充実のための施設整備が進んでいます。
 昨年11月には京都府立医科大学の吉川敏一学長から、舞鶴を日本の地域医療のモデル地域にするため、公的4病院を京都府立医科大学の関連病院として支援していきたいという力強い言葉をいただいています。
 また、京都北部が海の京都観光圏に認定され、「海フェスタ京都」の開催で大きく全国に情報発信ができました。日本海側拠点港の京都舞鶴港においても、コンテナ貨物量も過去最高を記録し、今後の発展が期待されます。
 昨年、舞鶴若狭自動車道の全線開通、本年は京都縦貫自動車道の開通により、近畿・北陸・中部を結ぶ高速道路網が完成し、未来に向かって大きく前に進む好機が訪れようとしています。

 その好機を逃すことなく、国の地方創生のモデル地域となるよう「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」の魅力ある地域づくりを、国と地方行政の応援をもとに、皆さんでつくりあげようではありませんか。

 どうか、皆さんの温かいご支持・ご支援をよろしくお願い致します。

京都府議会議員 池田正義

ページ上部へ戻る